ナゲッツがキャブスに快勝し連敗ストップ ジャマールマレー50得点

 

怪我人が多く、苦しい戦いが続いていたナゲッツ。

2月20日におこなわれたキャブス戦は、120-103で快勝し連敗を止めています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
DEN 33 36 26 25 120
CLE 23 27 30 23 103

 

 

ナゲッツでは、ジャマールマレーが50得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイント8/10を含むFG確率は21/25の84.0%で、フリースロー0本での50得点など記録ずくめとなりました。

 

 

マイケルポーターJrが22得点で続き、ニコラヨキッチが16得点12リバウンド10市ストでトリプルダブルを記録しました。

 

 

 

 

敗れたキャブスでは、コリンセクストンが23得点でスコアリーダーとなっています。

ジャレットアレンが20得点、ダリアスガーランドとイザックオコロが14得点で続いています。

コメント