シクサーズがペイサーズに勝利し3連勝でイースト首位キープ

 

イースト首位をはしるシクサーズ。

2月1日におこなわれたペイサーズ戦にもエンビード不在ながら119-110で勝利し、3連勝でイースト首位をキープしています。

終始ペイサーズがリードする展開でしたが、第4クォーター中盤に2ケタ差を追いつき逆転すると、終盤はシクサーズリードでゲームが進みました。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
PHI 18 36 28 37 119
IND 28 35 32 15 110

 

 

シクサーズでは、トバイアスハリスが27得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

ベンシモンズが21得点で続いています。

 

 

エンビード不在でプレイタイムの伸びたドワイトハワードは、11得点15リバウンドを記録し、オフェンスリバウンドも7本取っています。

ペイント内から献身的にピックをかけに姿も印象的でした。

 

 

敗れたペイサーズでは、マルコムブログドンが25得点でスコアリーダーとなっています。

ドマンタスサボニスが21得点で続いています。