スラムダンク桜木花道のモデルにもなったリバウンド王、デニスロッドマン

 

デニスロッドマン

NBAで最高のリバウンダーはと聞かれると未だにロッドマン以外の選手が思い浮かばないほど強力なリバウンドでファンを魅了したデニスロッドマン。そもそもバスケットのプレーの中でリバウンドというのは派手なプレーではないですが、ロッドマンのリバウンドだけは何かが違っていて、見入ってしまい、リバウンドの重要性を再確認してしまうほどでした。

驚くべきことに公表身長は203cmとNBAのバックコート人の中では明らかに小柄ながらタフネスとタイミング、ボールへの執念から生まれるリバウンドがファンを魅了し、プレーにも大きな結果をもたらしたことは間違いありません。

リバウンド王のタイトルも7年連続で受賞しているのは本当に素晴らしい記録といえますね。

 

 

また、その才能はリバウンドだけにとどまらず、ディフェンスでも最優秀ディフェンス選手やオールNBAディフェンスチームに選ばれるなどタフネス、コースディフェンス、ブロックと多岐にわたり相手チームを苦しめたプレイヤーです。上の動画でジャバーをブロックしてましたね・・・ビビリます・・・

主な在籍チームは、ピストンズ、スパーズ、ブルズでピストンズでは2度、ブルズでは3度、計5個のチャンピオンリングを獲得していますが、ピストンズではバッドボーイズと恐れられたすさまじいディフェンスをビルレインビアと共に引っ張っていましたね(笑)

若き日のマイケルジョーダンの在籍したブルズもプレーオフでは全く勝てなかったほどイースタンカンファレンスでは無敵の存在でした。

しかし次第に力をつけたマイケルジョーダン率いるブルズにプレーオフで敗れてからはチームは崩壊し、ロッドマンもウェスタンカンファレンスのスパーズへ移籍し、提督ロビンソンを支えシーズンでは好成績を残しましたがプレーオフではカンファレンスファイナルも制することは出来ませんでした。

ロビンソンやチームとの相性が悪かったのかその後に発売してベストセラーとなった自伝ではまあまあ滅茶苦茶に書いています・・・管理人も当時購入しましたが今の時代だったらどうなの?!というくらい過激な内容で、バスケ以外でもマドンナとの関係についてもナニがどうこうとか・・・・・

 

 

少し話がずれましたが、スパーズではプレー以外のところで上手くいかず2年後にはブルズへ移籍しました。今考えれば関係者には申し訳ないのですが、ブルズへいってくれて本当によかったと強く思います。

ブルズへ移籍後は歴史残るシーズン最多勝率を含めた3ピートを達成していて、ファイナルではショーンケンプ、カールマローンとのマッチアップで楽しませてくれました。荒れくれもののイメージが強かったロッドマンですが、ジョーダンやフィルジャクソンには敬意を表しているように感じましたし、ピストンズ時代に滅茶苦茶痛めつけたピッペンともはたから見るとイイ感じに映りました。ロッドマンが人目につくセレモニーでピッペンに謝罪をしたのは有名な話ですね。

 

 

一世を風靡したバスケット漫画、スラムダンクの主人公、桜木花道のモデルになったのも有名な話しで、トップの画像はまさに。。。

「ゴール下を制するものはゲームを制す」とゴリが言っていましたが、確かにその通りですね。最近の日本のバスケは妙に3ポイントが多い・・・女子か・・・管理人の独り言はいいとして、どこかで読んだのですが、ロッドマンの言葉で「リバウンドは獲るものじゃなく触るもの」というフレーズを目にしました。背の低いインサイドプレイヤーは明日からこの言葉を旨に練習に励みましょう。

 

twitter

コメントを残す