ウォリアーズvsブレイザーズ Game1 NBA2019カンファレンスファイナル

NBA2019プレイオフ

 

いよいよ開幕したNBA2019カンファレンスファイナル。

ウェスタンカンファレンスでは、ウォリアーズとブレイザーズが対決します。

Game1

 

1Q

2Q

3Q

4Q

 

序盤からゲームを優位に進めたウォリアーズ。

最終クォーターに入ると点差は一気に開き、結果的に116-94でウォリアーズが勝利しています。

1Q2Q3Q4Q
POR2322262394
GSW27272339116

予想していなかったほど点差が開きましたが、ブレイザーズはリラードとマッカラムが完全に抑えられていたという印象が強いです。

ウォリアーズは、カリーとトンプソンのスプラッシュブラザーズがこのゲームでもチームを勝利に導きました。

 

個人スタッツ

ウォリアーズでは、ステファンカリーが36得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイントを9/15で沈め、圧巻のパフォーマンスでした。

 

 

クレイトンプソンが26得点で続き、チーム最多となる37:28のプレイタイムです。

トンプソンとベンチメンバー4人という時間帯もしっかりと得点を重ねました。

グリーンも相変わらずの攻守にわたる活躍を見せ、クック、ジェレコブなどベンチメンバーの得点も伸びています。

 

 

敗れたブレイザーズでは、ダミアンリラードが19得点でスコアリーダーとなっています。

最初のスリーポイントが決まったので、今日はやばそうだと感じましたがウォリアーズディフェンスに守られたという印象は否めません。

CJマッカラムも17得点を挙げていますが、FG確率は36.8%と上がらず次ゲーム以降へ期待しましょう。

エネスカンターは16リバウンドとチームハイですが、ディフェンス時スクリーンの対応が悪く、カリーやトンプソンにフリーでシュートを打たせるシーンが幾度となく見られました。

 

最後に

KD不在の中、カリーとトンプソンを中心にチームバスケで強さを見せる王者ウォリアーズ。

Game1は完勝とも言えるゲームとなりました。

ブレイザーズは、やはりリラードとマッカラムが得点を挙げていかなくては厳しいでしょう。

今後ウォリアーズディフェンスをどう崩していくのか注目です。