NBA2020ファイナル レイカーズが第6戦を制し10年振りのチャンピオンに

NBA2020プレイオフ

 

イースト5位とウェスト1位の対決となるNBA2020ファイナル、ヒートvsレイカーズ。

第6戦が10月12日におこなわれました。

 

 

#NBAFinals Game 6 Highlights And Lakers Celebration 🏆

 

序盤からリードを奪ったレイカーズ。

その差は一気に開き、試合中盤には30点を超える点差となりました。

互いにメンバーは落とさず、ヒートもやや点差を詰めますが、さすがに30点を返すのは難しく、結果的に106-93でレイカーズが勝利し、10年ぶりにチャンピオンリングを獲得しています。

レイカーズでは、レブロンジェームズが28得点14リバウンド10アシストのトリプルダブルでシーズンを締めくくり、ファイナルMVPも獲得しました。

 

LeBron's Title-Clinching TRIPLE-DOUBLE 👑 | #NBAFinals

 

アンソニーデイビスとラジョンロンドが19得点で続き、特にロンドは絶好調といった雰囲気でした。

敗れたヒートでは、バムアデバヨが中盤奮闘し25得点を記録しています。

全体的に疲れが見えたような雰囲気で、レイカーズディフェンスに苦しみ攻めきることが出来ませんでした。

ゲームオブザイヤーとも言われた第5戦とは打って変わり、レイカーズの圧勝となった第6戦。

ヒートも奮闘しましたが、やはり今季のレイカーズは強かったという証明でしょう。

様々なことが起こり過ぎたシーズンでしたが、波乱もあった中チャンピオンリングを獲得したレイカーズに今日は世界中がおめでとうといいたいところです。

 

Los Angeles Lakers NBA Championship Celebration

 

コメント