プレイオフ結果一覧&ハイライト

【NBA】レイアレンのキャリアハイ54得点ゲーム

 

セルティックスとヒートでチャンピオンリングを獲得した、レイアレン。

スリーポイントの印象が強いですが、ダンクコンテストの出場経験をもつなど才能の幅は広いです。

今回は、レイアレンがソニックス時代に記録したキャリアハイ54得点ゲームをハイライトしたいと思います。

2007.01.12 vs ジャズ

Ray Allen EPIC Full Career-HIGH Highlights vs Jazz (2007.01.12) – 54 Pts, 8 Threes!

 

8本のスリーポイントに加えて、ファーストブレイク、ドライブ、アシストと晩年期のプレイとは印象がやや異なります。

それにしても美しいシュートです。

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間43:07
得点54
リバウンド10
アシスト5
FG確率17/32
53.1%
3PT確率8/12
66.7%
FT確率12/12
100.0%
ターンオーバー2
+/-10

 

FG確率よりもスリーポイント確率の方が高く、フリースローは12/12で沈めています。

生粋のシューターと言えるスタッツです。

最後に

2006-07シーズンは、レイアレンがセルティックスへ移籍する前の年で、シーズン平均でもキャリアハイの26.4得点を記録しています。

セルティックスでは、ピアスやガーネット、ロンド等と共に頂点にのぼりつめ、ヒートでは、レブロンやウェイド、ボッシュ等を影ながらポイントで支えていました。

シューターを目指している方は、ボールのもらい方からシュートリリースまで何度も見返して参考にしたい選手です。

 

Ray Allen and The Art of the Jump Shot

 

コメント