【NBA】トニーパーカーのキャリアハイ55得点ゲーム

トニーパーカーのキャリアハイ55得点

 

2018-19シーズンを最後に引退したトニーパーカー。

17シーズンプレイしたスパーズでは、4度チャンピオンに輝きファイナルMVPを獲得しています。

今回は、2008年に記録した55得点のキャリアハイゲームをハイライトしたいと思います。

2008.11.05 vs ウルブズ

Throwback: Tony Parker Career-HIGH Highlights vs Timberwolves (2008.11.05) – 55 Pts, UNSTOPPABLE!

 

正確なアウトサイドシュートに加えて、スピードとテクニックを兼ね備えたドライブ。

アシストも冴え相手もお手上げ状態でした。

 

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間50:32
得点55
リバウンド7
アシスト10
FG確率22/36
61.1%
3PT確率2/3
66.7%
FT確率9/10
90.0%
ターンオーバー4
+/-+7

 

ダブルオーバータイムまでもつれたため、プレイタイムは50分を超えました。

シュート確率、フリースロー確率共に高く、アシスト10に加えてターンオーバーも最小限に抑えている印象です。

最後に

ダンカン、ジノビリ等と共に一時代を築いたトニーパーカー。

全盛期のドライブは恐ろしい程スピードとテクニックを兼ね備えています。

 

 

コメント