シャキールオニールのキャリアハイ61得点23リバウンド

シャキールオニールキャリアハイゲーム2000.03.06レイカーズ-クリッパーズ

 

NBAの歴史を変えたセンターとも言われるシャキールオニール。

その存在感は誰もが認めるところで、リング下でボールを持たれたら正直止めようがないと言える程でした。

様々なタイトルを獲得し、チャンピオンリングも4度獲得したシャックですが、今回はキャリアハイとなった61得点を記録したゲームを見てみましょう。

2000.3.6vsクリッパーズ

キャリアハイの61得点を記録したのは2000年の3月6日におこなわれたクリッパーズとのゲームです。

1999-2000シーズンはシャックがレイカーズで自身初となるチャンピオンリングを獲得したシーズンで、レギュラーシーズンとオールスター、ファイナル全てのMVPを獲得したシーズンでもあります。

また、キャリアハイゲームとなった3/6はシャックの28歳の誕生日でした。

 

Shaquille O'Neal Career-HIGH on his Birthday, Full Highlights vs Clippers 2000.03.06 – 61 Points!

 

身体的にも経験的にもチームメイトもフロントも最高のシーズンだっと言えるかもしれません。

 

キャリアハイゲームスタッツ

キャリアハイの61得点を記録したシャックの総スタッツは以下の通りです。

出場時間45分
得点61得点
リバウンド23リバウンド
FG確率24/35(68.6%)
FT確率13/22(59.1%)
アシスト3
ターンオーバー4
ファウル2

 

まず出場時間の長さに驚かれた方もいるかもしれませんが、このシーズンのシャックの平均出場時間は40分となっていて、記録を狙うために突出して長くなったわけではありません。

今の現役選手に対し、引退した選手が色々とコメントするシーンも物議をかもす昨今ですが、このあたりのタフさもその根底にあるのでしょう。

そして確率はやはり70%弱と恐ろしい数字となっていて、苦手なフリースローも5割をきっちりと超えています。

キャリア平均のフリースロー確率が52.7%なので調子よかったと考えるべきでしょうが、9本すべて入っていれば70得点とケタ違いのスコアになっていました。

 

最後に

60点というと最近ではそれほど珍しくないスコアともなりましたが、スリーポイントが0本というのは大きなポイントでしょう。

レギュラーシーズンではキャリア通算でもシャックはスリーポイントを1本しか成功したことがありません。

しかもチームにはコービーブライアントなど他にも点が取れるプレイヤーはたくさんいましたし、その中でのこの記録はやはり偉大という他ないでしょう。

シャックのキャリア紹介などについては以下から。

 

コメント