【NBA】チャールズバークレーのキャリアハイ56得点ゲーム

チャールズバークレイのキャリアハイ56得点

 

いまやすっかりNBAコメンテーターの印象が強い、チャールズバークレー。

本来の姿は、マイケルジョーダンと同世代のNBAスーパースターの1人です。

今回は、1994年に記録したチャールズバークレーのキャリアハイゲームをハイライトしたいと思います。

1994.05.04 vs ウォリアーズ

 

独特のリズムで、ポストから得点を量産し、スリーポイントに加え速攻でも点が取れるほどプレイの幅が広いです。

身長が198cmと、当時の選手の中でも小柄な方でしたが、体の強さと技術がその分ひかります。

 

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間 41:00
得点 56
リバウンド 14
アシスト 4
FG確率 23/31
74.2%
3PT確率 3/4
75.0%
FT確率 7/9
77.8%
ターンオーバー 2

 

インサイド中心とはいえ、198cmでこのFG確率は今考えても異常と言えるかもしれません。

スリーポイントは逆にほぼフリーとも言えるので、その辺りは時代の違いを感じます。

バークレーは、ディフェンス面でも3スティール、1ブロックを記録しています。

 

最後に

1993-94シーズンは、マイケルジョーダンが最初に引退したシーズンでどこが優勝してもおかしくない状況でした。

そんな中、プレイオフでキャリハイの得点を挙げカンファレンスセミファイナル進出を決めたチャールズバークレー。

結果的には、カンファレンスセミファイナルで優勝したロケッツに3-4で敗れましたが、どちらに転んでもおかしくないシリーズでした。

 

 


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

キャリアハイ
OverTime

コメント