レイカーズvsウルブズ レブロン&AD計82得点 NBA2019-20

 

日に日に強さを増していくような雰囲気のロサンゼルスレイカーズ。

第24戦は、12月9日にホームでミネソタティンバーウルブズと対戦しました。

ゲーム展開

Lakers vs Timberwolves Full Game Highlights! 2019 NBA Season

 

1Q2Q3Q4QT
MIN31343822125
LAL39343732142

 

レブロンジェームズのファールトラブルの影響もあってか、前半は終盤まで同点辺りのゲームが続きました。

それでも前半終了間際にレイカーズがリードを奪うとそこからは常にレイカーズがリードし、最終クォーターでその点差は広がり結果的に142-125でレイカーズが勝利しています。

 

ロサンゼルスレイカーズ

レイカーズでは、アンソニーデイビスが50得点7リバウンド6アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

FG確率69%に加え、フリースローは10/10、ターンオーバー1と第4クォーターでベンチに下がった時にスタンディングオベーションが起こるのも頷ける活躍でした。

 

Anthony Davis Drops Season-High 50 PTS!

 

レブロンジェームズが32得点13アシストで続き、スリーポイント6/8と手が付けられないといった感じでした。

 

LeBron James Full Highlights 2019.12.08 Lakers vs TWolves – 32 Pts, 13 Asts! | FreeDawkins

 

ベンチから活躍を続ける、アレックスカルーソが16得点4リバウンド4アシストで続き、日本でもまた人気が上がりそうです。

 

Alex Caruso Full Highlights 2019.12.08 Lakers vs TWolves – 16 Pts, 4 Asts! | FreeDawkins

 

ダニーグリーンもスリーポイントを4/6で沈め、12得点を記録しています。

 

ミネソタティンバーウルブズ

ウルブズでは、スタートメンバー全員を含む計7人の選手が2ケタ得点を挙げています。

チーム全体のFG確率は5割を超え、スリーポイント確率も4割を超えていますが、142失点がやはり最大の敗因でしょう。

とは言っても、あのレイカーズの状況ではウルブズでなくても苦しかったでしょう。

 

最後に

レイカーズは、4連勝で21勝3敗としウェスト首位をキープしています。

どこまで勝率を伸ばすのか楽しみですが、リーグ最高勝率も夢ではないのではという声も挙がり始めています。

コメント