FIBAワールドカップ2014スペイン敗ったフランスも準決勝で敗退

FIBA ワールドカップ

 

先日、アメリカ代表がリトアニアを敗り早々と決勝進出を決めましたが、もう1つのイスをかけ準決勝でセルビアとフランスが激突しました。

フランスは準々決勝でNBA選手6人を有する開催国のスペインに競り勝ち勢いに乗っていましたが、85-90でセルビアに敗れ決勝戦はアメリカ(世界ランク1位)とセルビア(世界ランク11位)の戦いとなりました。

 

 

第3クォーターまでに15点のリードを広げたセルビアでしたが、フランスは第4クォーターだけで39点を取る猛攻で点差を一時3点差まで詰めます。

しかし、15点を10分でひっくり返すというのはたやすいことではありませんでした。

ましてや世界大会の準決勝ですからそこまでに充分な点差を広げたセルビアの強さが勝ったゲームといえるでしょう。

フランスはスペイン戦もそうでしたが第4クォーターが異様に強いです。

フランスはポートランドトレイルブレイザーズで活躍するニコラス・バテュームが35得点の活躍に加えて、スパーズのボリスディアウも13得点10リバウンド5アシストと高スタッツを残しています。

 

 

決勝でアメリカと対戦するセルビアのNBA選手は昨シーズンまでミルウォーキーバックスでプレイしたミロスラフ・ダドゥリジカ1人となっていますが、今オフに移籍したクリッパーズで解雇の報道もあったので実質は0人と言えます。

アメリカも含め50人程のNBA選手が出場している今大会でNBA選手が少ないチームの決勝進出となると、また新たなNBAプレイヤー誕生の予感がします。

スペイン、トルコ、セルビアモンテネグロなど様々なリーグで活躍するプレイヤーで構成されるセルビアですが、グループリーグではスペイン、フランス、ブラジルと同組みで3チーム全てに敗れ突破ギリギリの4位でありながら決勝トーナメントでブラジル、フランスを敗る快進撃を見せています。

平均身長が203.9cmとアメリカよりも高く、この快進撃が12人全員NBA選手のアメリカにどこまで通用するのか楽しみなところです。

決勝は現地時間14日におこなわれる予定なので、スタッツや動画が揃ったらまたアップします。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

ワールドカップ
OverTime

コメント