バスケ日本代表ワールドカップ前最終戦 vsチュニジア

この記事は約2分で読めます。

日本

 

先日、ドイツ相手に歴史的な勝利をおさめた日本バスケ代表。

8/31に開幕する本戦を前に、強化試合最終戦でチュニジアと対戦しました。

ゲーム展開

【ハイライト】男子日本代表・国際試合 日本 vs チュニジア(2019.8.25)

 

第1クォーターから、追い上げる展開が続いた日本。

最終クォーターには、同点に追いつくシーンもありましたが、チュニジアのブザービーターにより78-76で惜しくも敗れています。

このゲームでは、八村選手と篠山選手が欠場しています。

 

個人スタッツ

八村選手不在の中、スコアリーダーとなったのはやはり渡邊雄太選手でした。

比江島選手、竹内公輔選手と続き、田中選手、馬場選手など主役は変わりません。

竹内公輔選手と、安藤選手は久しぶりの出場ながら、しっかりと仕事をこなしている印象でした。

 

最後に

これまで世界ランク上位の相手と戦ってきた日本代表。

チュニジアは、世界ランク51位と日本よりも順位は下です。

それでも普通にチュニジアが強く感じるのは、やはり日本がベストメンバーではなかったからなのでしょうか?!

日本代表のレベルが急速に上がり、選手たちも信じられないようなプレイを連発するためパワーバランスの理解が難しいです。

八村選手と渡辺選手の存在だけで片付くほど、単純なものではないような気がします。

とにもかくにも、次はいよいよ本戦です。

日本の初戦は、9/1(日)16:30となっていて、開催地は中国なので時差は日本が1時間早く、17:30開始です。

放送は、

  • BSフジ
  • フジテレビNEXT
  • DAZN

のみとなっていて、3戦目となるアメリカ戦まで地上波での放送はありません。

また、バスケットLIVEでも放送は予定されていません。

コメント