ラプターズvsウォリアーズ Game3 NBA2019ファイナル

NBAファイナル2019

 

1-1のタイで迎えたNBA2019ファイナルGame3。

ウォリアーズのホームコート、オラクルアリーナでおこなわれました。

 

Game3

RAPTORS vs WARRIORS | Toronto Knocks Down 17 Three-Pointers | NBA Finals Game 3

 

Game2でハムストリングの痛みを訴えたクレイトンプソン、肋軟骨骨折と報じられたケボンルーニーもKDに続き、Game3を欠場しました。

ウォリアーズは、ファイナルへきてこれ以上ない程ケガ人を抱え、Game3ではその影響がだれが見ても明らかな程如実に現れました。

1Q2Q3Q4Q
TOR36243627123
GSW29233126109

終ってみればラプターズが4クォーター全てをリードしたゲームでしたが、ラプターズも中々離しきれない状況が第2クォーターあたりから終盤まで続きました。

 

個人スタッツ

ラプターズでは、カウイレナードが30得点を挙げスコアリーダーとなっています。

Game3でも2ケタのフリースローを得たレナード。

第4クォーターには試合決めにいくかのような得点が続きました。

 

Kawhi Leonard All Game Actions 2019 NBA Finals Game 3 Raptors vs Warriors Highlights

 

カイルラウリーが23得点で続き、前半からいいところでスリーポイントを沈めていました。

ダニーグリーンが18得点を挙げ、スリーポイントは6/10とカンファレンスファイナルまでの不調が嘘のようです。

パスカルシアカムが18得点、マルクガソールが17得点で続いています。

また、サージイバカは脅威の6ブロックでチームのリング下を支えました。

敗れたウォリアーズでは、ステファンカリーが47得点を挙げスコアリーダーとなっています。

最初の2本くらいで、世界中が完全に点を取りにきてると感じたかと思われますが、最後までシュートを打ち続け、合計で31本のシュートと14本のフリースローを放っています。

 

Kawhi Leonard, Raptors thwart Steph Curry’s career-night to win Game 3 | 2019 NBA Finals Highlights

 

ドレイモンドグリーンが17得点で続きますが、アシストは4と少なく、攻めどこがないと感じる時間帯も少なくありませんでした。

カズンズも積極的にインサイドで攻め続けましたが、決めきれず4得点にとどまっています。

ボーガッドは、カリーとよく合うなという印象が強かったです。

 

最後に

満身創痍とも言えたウォリアーズにしっかりと勝利し、シリーズ成績を2-1と勝ち越したラプターズ。

もっと点差が離れてもおかしくないと思われましたが、メンバーが変わってもウォリアーズのバスケットは変わらず、しっかりとセットされた得点も幾度となく目にしました。

カリーの恐ろしさも改めて感じましたが、ラプターズはチーム全体で17本のスリーポイントを44.8%の高確率で沈めたのも大きかったでしょう。

トンプソンとKDのケガの調子によりシリーズの結果が変わってきそうな状況ですが、カンファレンスファイナルから負担がかかっているカリーにもケガがないよう祈るばかりです。

コメント