NBA2020オールスターに選ばれてもおかしくなかった7人の選手

アメリカ柄のオールスター

 

先発メンバーに加え、リザーブメンバーも発表されたNBA2020オールスターゲーム。

毎年のことではありますが、「あの選手は入ってないのか~」といったファンの様々な声も挙がっています。

今シーズンオールスター級の活躍を見せながら、選ばれなかった7人の選手を見ていきましょう。

ブラッドリービール(ウィザーズ)

Bradley Beal records 44-PT Double-Double!

 

出場試合39
平均出場時間35.5
平均得点28.6
平均リバウンド4.4
平均アシスト6.3
平均FG確率45.3%
平均3PT確率31.8%
平均FT確率84.6%
平均ターンオーバー3.3
勝敗16勝31敗
順位イースト11位

 

八村選手と同じチームということもあり、ビールのプレイを多く目にした方も多いのではないでしょうか。

チーム勝率の上がらない中、チームを鼓舞し続けるようにいい時も悪い時も攻め続け、これだけのスタッツを残しています。

 

デビンブッカー(サンズ)

Devin Booker goes off for 44 points in Suns vs. Pelicans | 2019-20 NBA Highlights

 

出場試合44
平均出場時間36.0
平均得点27.1
平均リバウンド4.1
平均アシスト6.4
平均FG確率51.0%
平均3PT確率36.8%
平均FT確率91.7%
平均ターンオーバー3.9
勝敗20勝27敗
順位ウェスト11位

 

シーズン序盤と比較すると、オールスター直前には大きく勝率を落としたサンズ。

その中でもデビンブッカーは、ハイパフォーマンスを続けここ数試合は特に素晴らしい活躍を見せていました。

デマーデローザン(スパーズ)

DeMar DeRozan | Western Conference Player Of The Week

 

出場試合47
平均出場時間34.4
平均得点23.0
平均リバウンド5.7
平均アシスト5.2
平均FG確率53.5%
平均3PT確率27.6%
平均FT確率84.5%
平均ターンオーバー2.5
勝敗21勝26敗
順位ウェスト9位

 

過去最高のFG確率で得点を重ねるデマーデローザン。

序盤トレードの噂が出る程大きく低迷したチームを、なんとかプレイオフが見えるところまで引っ張ってきました。

 

ザックラビーン(ブルズ)

Zach LaVine's MONSTER MIDSEASON HIGHLIGHTS 2019-2020 | Chicago Bulls

 

出場試合50
平均出場時間34.4
平均得点25.1
平均リバウンド4.9
平均アシスト4.0
平均FG確率44.0%
平均3PT確率38.0%
平均FT確率83.0%
平均ターンオーバー3.2
勝敗19勝31敗
順位イースト9位

 

ブルズのエースとして、クラッチタイムもボールを預けられる存在となったザックラビーン。

ホーネッツ戦での逆転劇は何度見ても凄いです。

 

 

デリックローズ(ピストンズ)

Best of Derrick Rose | Part 1 | 2019-20 NBA Season

 

出場試合42
平均出場時間26.7
平均得点18.9
平均リバウンド2.6
平均アシスト6.0
平均FG確率49.8%
平均3PT確率31.5%
平均FT確率87.2%
平均ターンオーバー2.5
勝敗17勝32敗
順位イースト10位

 

シーズンMVPの獲得経験をもつデリックローズ。

両膝の故障から復帰後、今シーズンが最も充実しているシーズンと言えるのではないでしょうか。

他の選手と違い、ベンチからのスタートがほとんどですが、それでも20得点以上挙げる試合を幾度となく見ています。

ジェイレンブラウン(セルティックス)

LeBron James Gets Murdered By Jaylen Brown's Crazy Dunk & Celtics Destroy Lakers! Lakers vs Celtics

 

出場試合38
平均出場時間33.7
平均得点20.1
平均リバウンド6.6
平均アシスト2.4
平均FG確率49.5%
平均3PT確率39.0%
平均FT確率74.9%
平均ターンオーバー2.3
勝敗32勝15敗
順位イースト3位

 

オールスター出場が決まったテイタムやケンバと共に、セルティックスを引っ張るジェイレンブラウン。

ヘイワードやスマートといったスター選手も多い中、シーズン平均得点は20得点を超えています。

首位のバックスとレイカーズでも選出されたのは計2人なのでそのあたりの兼ね合いもあるかもしれません。

 

ジェモラント(グリズリーズ)

Best of Ja Morant | Part 1 | 2019-20 NBA Season

 

出場試合42
平均出場時間29.9
平均得点17.5
平均リバウンド3.5
平均アシスト7.2
平均FG確率48.9%
平均3PT確率39.1%
平均FT確率78.2%
平均ターンオーバー3.2
勝敗24勝24敗
順位ウェスト8位

 

ルーキーながらチームを牽引し、プレイオフ圏内まで順位を上げてきたジャモラント。

高いハンドリングスキルに加えて、身体能力も化物で間違いなくオールスター向けの選手です。

新人王はほぼ決まりかと言えるほどの活躍をここまで見せています。

 

※スタッツは全て1月31日現在のものです。

最後に

どの選手もオールスター級の活躍を今シーズン見せているため、選ばれなかったのは残念ですが選ばれた選手も当然相応の活躍を見せています。

また、チームの順位も大きく関係していることが伺え、今回紹介した7選手の中でプレイオフ圏内にいるのはジャモラント1人です。

選ばれた選手でプレイオフ圏外なのは、リザーブメンバーでイングラムとリラード、スターターではトレイヤングの計3人ととても少ないです。

ファンの方は納得いかない部分もあると思いますが、オールスター後の選手の更なる活躍を期待しつつ、オールスターゲームは思いっきり楽しみましょう。

 

コメント