11/15 NBA2018-19 レイカーズ4連勝!レブロン44得点

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

タイソンチャンドラーの加入後勝ち星を重ねるレイカーズ。

第14戦はホームでブレイザーズと対戦しています。

スポンサーリンク

レイカーズ vs ブレイザーズ

1Q 2Q 3Q 4Q
LAL 26 33 38 29 126
POR 33 22 34 28 117

第2クォーター終了間際にレブロンの連続スリーポイントで逆転したレイカーズが後半も優位にゲームを進め結果的に126-117で勝利しています。

 

Los Angeles Lakers vs Portland Trail Blazers Full Game Highlights | 11.14.2018, NBA Season

 

これでレイカーズは7勝6敗と勝ち越しウェスト7位に浮上してきました。

敗れたブレイザーズは10勝4敗で2位となっています。

個人スタッツ

レイカーズ

レイカーズではレブロンジェームズが44得点10リバウンド9アシストとゲームを支配しました。

スリーポイント5/6を含むFG確率は13/19の68.4%、得たフロースロー15本のうち13本を決める超ハイスペックなスタッツを残しています。

 

LeBron James Passes Wilt In All-Time Scoring List 2018.11.14 vs Blazers – 44-10-9! | FreeDawkins

 

ブレイザーズ相手に全ての水準をここまで残せる選手はおそらくレブロンくらいでしょう。

マギーが20得点と続いていますが、チャンドラーの加入によりプレータイムが減ったこともプラスしているでしょう。

 

JaVale McGee Full Highlights 2018.11.14 Lakers vs Blazers – 22 Pts, 2 Blks, 9-12 FGM! | FreeDawkins

 

イングラム、ロンゾポールも2ケタ得点を挙げていますがFG確率は上がりませんでした。

クーズマやロンド、スティーブンソンのシュートも思ったように決まっていません。

 

Brandon Ingram Full Highlights 2018.11.14 Lakers vs Blazers – 17 Pts, 4 Assists | FreeDawkins

 

Lonzo Ball Full Highlights 2018.11.14 Lakers vs Blazers – 11 Pts, 6 Rebs, 3 Asts | FreeDawkins

 

ブレイザーズ

ブレイザーズではリラードが31得点とチームを引っ張りましたが、スリーポイント3/9を含むFG確率は34.8%と低い数字です。

スリーポイントのレンジがおかしいと感じたのは管理人だけではないかもしれませんが、誰もがリラードがスリーを打ってくるのは分かっているので致し方ないのかもしれません。

 

Damian Lillard Full Highlights 2018.11.14 Lakers vs Blazers – 31 Pts, 11 Asts! | FreeDawkins

 

CJマッカラムが23得点、ヌルキッチが21得点と続いています。

最後に

レイカーズは4連勝でプレイオフ圏内まで順位を上げてきました。

勝ちに慣れているレブロンは開幕からここまでに切れそうになったことがあるほどフラストレーションがたまっていたようですが、チャンドラーの加入は大きくプラスに働いています。

全員が調子のいいゲームというのはおそらく年に1・2度あるかないかだと思いますが、今日のゲームのように調子のがらない選手が多くいても勝ちきれるというのはチーム力の証でしょう。

レブロンを中心に毎日主役が変わるメンツがレイカーズには揃っています。

今後もさらにシーズンを盛り上げてくれるのは間違いなさそうです。

逆にブレイザーズは新生チームに負けない安定感を今年は期待されているのでホームでは展開の違った試合に期待しましょう。

コメント