NBA2018-19レブロンジェームズがレイカーズデビュー

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

開幕から3日目を迎えたNBA2018-19シーズン。

シーズンオフにキャブスからレイカーズへ移籍したレブロンジェームズのオフィシャルデビューゲームとなりました。

レイカーズ vs ブレイザーズ

 

1Q 2Q 3Q 4Q
LAL 31 32 28 28 119
POR 34 31 28 35 128

 

新生レイカーズのオープニングゲームでしたが終始ブレイザーズが微妙にリードする展開が続き、最後に点差を離してブレイザーズがホームで開幕戦勝利をおさめています。

 

 

FG確率はレイカーズの方が高かったですが、スリーポイントはブレイザーズが勝っていて2点対3点というシーンも幾度となく見られました。

個人スタッツ

オープニングゲームのレブロンジェームズのスタッツは以下の通りです。

 

得点 26
リバウンド 12
アシスト 6
FG確率 56.3%
3PT確率 0/4

 

プレシーズンゲームでは15分前後の出場がほとんどでしたが、オープニングゲームから37分20秒と今シーズンも休みの少ないシーズンとなりそうです。

スタッツは相変わらずの高水準でスリーポイントは珍しく1本も入りませんでした。

レイカーズではレブロンを含めて6人の選手が二桁得点を挙げています。

個人的にはロンドとマギーがスティーブンソンのようにサブに回るチームの方がいいのでは?!と感じますが皆さんどのような感想をもったでしょうか?

勝利したブレイザーズではダミアンリラードが28得点でスコアリーダーとなっています。

確率こそ上がっていませんが、要所でしっかりと決めていた印象で、昨シーズンファーストチームに選出された自信のあらわれでしょうか?!

レイカーズが追い詰めると痛いスリーを沈めたのはニックスタウスカスでスリーポイント5/8を含む24得点を挙げています。

最後に

レイカーズのオープニングゲームは黒星となりましたが、自力で勝るブレイザーズのホームゲームなので逆に安心したという方も少なくないでしょう。

ここからシーズン終了までにレイカーズがどこまで強くなるのか楽しみです。

ブレイザーズは昨シーズンプレイオフで苦汁をなめているので今シーズンはもっと強い姿を見せてくれるでしょう。

10/19その他のゲーム結果

 

CHI vs PHI

 

1Q 2Q 3Q 4Q
CHI 41 17 18 32 108
PHI 38 27 37 25 127

 

 

MIA vs WAS

 

1Q 2Q 3Q 4Q
MIA 24 34 27 28 113
WAS 25 34 30 23 112

 

 

10/20の対戦カード

 

  • CHA – ORL
  • NYK – BKN
  • BOS – TOR
  • ATL – MEM
  • CLE – MIN
  • SAC – NOP
  • IND – MIL
  • GSW – UTA
  • OKC -LAC

4日目は9ゲームが予定されています。

ウォリアーズとジャズが最も注目度が高いでしょうか?!

セルティックスとラプターズ、ペイサーズとバックスなどイーストも面白そうです。

渡邊雄太選手のベンチ入りからの出場にも期待しましょう!

コメント