2/28 NBA2018-19 レイカーズ連敗ストップで10位浮上

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

 

連敗でウェスト11位とプレイオフ進出がさらに険しくなったレイカーズ。

2/28にはホームで2試合前に敗れたペリカンズと対戦しています。

ペリカンズ vs レイカーズ

1Q2Q3Q4Q
NOP28293527119
LAL35283230125

レイカーズがリードする時間帯が多かったゲームですが、中々点差を広げることはできませんでした。

それでも最後まで集中力が途切れることなく踏ん張り、結果的に125-119でレイカーズが勝利し連敗を2で止めています。

 

 

スタートメンバーでマギーを外し、スモールラインナップにしたのも功を奏したでしょうか?!

 

個人スタッツ

レイカーズでは、レブロンジェームズが33得点6リバウンド10アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

 

 

好調続けるイングラムが23得点で続き、クーズマも22得点を挙げています。

 

 

 

ややシュートを打たされている感もあったロンドですが、16アシストを挙げチームの勝利に貢献しています。

 

 

敗れたペリカンズでは、ジュリアスランドルが35得点を挙げスコアリーダーとなっています。

アンソニーデイビスが22得点、ドリューホリデーが19得点で続いています。

 

ウェストプレイオフライン

順位チーム
7位スパーズ342910
8位クリッパーズ342910
9位キングス313012
10位レイカーズ303113
11位ウルブズ293214

最後に

連敗を止めたレイカーズは8位キングスとの差を3ゲームとしています。

残り21試合ありますが、すでにレブロンがプレイオフモードに突入しているようなので間違いなく8位以内にはねじ込んでくるでしょう。