【NBA】ドウェインウェイドのキャリアハイ55得点

ドウェインウェイドキャリハイ2009.4.12

 

引退間際とも噂され、その去就に注目が集まるドウェインウェイド。

チャンピオンリングからはしばらく遠ざかっていますが、今でも時折見せるウェイドらしい動きは他に例える選手がいない程です。

今回はウェイドの2009年に55得点を挙げたキャリアハイゲームをハイライトしたいと思います。

スポンサーリンク

2009.04.12 vs ニックス

キャリアハイの55得点を記録したのは2009年の4月12日におこなわれたニックスとのゲームです。

2008-09シーズンはウェイドがキャリアの中で唯一得点王を獲得したシーズンで、ニックス戦は最終ゲームでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=N–wnQKTHrw

 

2006年にシャック等と共にチャンピオンリングを獲得し、ファイナルMVPにも輝いたウェイドでしたが、そこから2シーズンはやや不振にあえいでいました。

このシーズンで復活を遂げ得点王を獲得したことは後のレブロンやボッシュとの連覇にも大きく関係したでしょう。

キャリアハイゲームスタッツ

キャリアハイの55得点を記録したウェイドの総スタッツは以下の通りです。

出場時間 39分17秒
得点 55得点
FG確率 19/30(63.3%)
3PT確率 6/12(50%)
FT確率 11/13(84.6%)
アシスト 4
リバウンド 9
ターンオーバー 3
ファウル 3

 

最終戦なので記録を狙いにいったようにどうしても感じてしまいますが、出場時間は思ったより短く40分を切っています。

本気で点を取りに行けばこの時のウェイドならこれくらいはいつでも取れるといったところなんでしょうか?!

シュート確率はどれも高く、スリーポイントを5割で6本決めているのは圧巻です。

最後に

昨今はヒートから離れブルズ、キャブスと渡り歩き再度ヒートに帰ってきたウェイド。

中国チームから巨額のオファーが来ているという報道もありますが、2018-19シーズンからどこでプレーするのかまだ発表はありません。

当時のようなプレーは難しいにしてもチャンピオンリングをも含めた素晴らしい経験を持つプレイヤーなのでどのチームでもプラスに働くことは間違いないでしょう。

ウェイドのキャリアや動画をまとめたページは以下から。

マイアミヒートのレジェンド:ドウェインウェイド
ルーキー時代から10年以上変わらずにマイアミヒートでプレーしたドウェインウェイドは、これまでに4度のファイナル進出を果たし、3つのチャンピオンリ...
キャリアハイ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
注目記事



Basketball Dream

コメント