【NBA2017-18】キャブス大幅トレード ウェイド・ローズ・ITなど

2018-2-9キャブストレード

 

先日レブロンジェームズの素晴らしいブザービーターで勝利をおさめたクリーブランドキャバリアーズ。

チーム状態は良くない中での劇的な勝利に歓喜したファンも少なくありませんでした。

しかし、そんな勝利の余韻も束の間、大幅なトレードのニュースが2/9に飛び込んできました。

今分かっているだけでも以下の選手がキャブスから放出されます。

  • ドウェインウェイド(ヒート)
  • デリックローズ(ジャズ)
  • ジェイクラウダ―(ジャズ)
  • イマンシャンパート(キングス)
  • アイザイアトーマス(レイカーズ)
  • チャニングフライ(レイカーズ)

今シーズン加入し期待されたメンバーが大方移籍することになりました・・・

ここから新チームを立て直し4年連続となるファイナル進出を果たすのは相当な何かが必要でしょう。

アービングの抜けた穴は恐ろしく大きいといったところでしょうか?!

Sponsored Link


キャブスに加入する選手は以下の通りです。

  • ジョーダンクラークソン(レイカーズ)
  • ラリーナンスJr(レイカーズ)
  • ロドニーフッド(ジャズ)
  • ジョージヒル(キングス)

その他トレードにはドラフト指名権や金銭が絡んでいます。

キャブスとレイカーズ、キャブスとヒート、キャブス・キングス・ジャズの間でトレードがおこなわれました。

レイカーズから獲得した2人は特にどんなプレーを見せてくれるか楽しみです。

Sponsored Link


最後に

色々な噂が飛び交っていたトレードですが、今回のキャブスの一件は衝撃的すぎました・・・

いくらレブロンがいるとはいえ、バスケってそんなころころポイントガードが変わってやれるもんなの?!というのが正直な感想です。

また、ウェイドのヒート復帰は考え深いものがありますが、それでもレブロンともう一度プレーオフで戦う姿を見たかったファンも多いでしょう。

ローズはそのまま解雇されるという話もありますし、選手やチームにとって少しでも多くプラスであったと思えるトレードになることを望みます。

BA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

関連記事



1件のトラックバック

コメントを残す