NBAプレイオフ速報

【NBA2017-18】キャブスgame51 ロケッツにホームで完敗

NBA2018-2-4 キャブス-ロケッツ

 

オールスターゲームを間近に控えたNBA2017-18シーズンですが、各チーム怪我人も多く苦しい戦いが続くチームも少なくありません。

3年連続のイースタンカンファレンス王者キャブスもそんなチームのうちの一つと言え、中々勝率が上がりません。

そんなキャブスのレギュラーシーズン51試合目はホームでロケッツとおこなわれました。




ゲーム展開

序盤からアウェイのロケッツがリードする展開で、第2クォーターからは常にセーフティーリードを保ったままゲームが進みました。

結果的に全てのクォーターをリードしたロケッツが120-88で勝利しています。

https://www.youtube.com/watch?v=ctamR6IIG_I

 

Sponsored Link


ケビンラブが負傷により欠場しているとはいえ、ホームでここまでの完敗をしいられるとは地元ファンも思っていなかったでしょう。

ロケッツ キャブス
得点 120 88
FG確率 44/93-47.3% 34/87-39.1%
3pt確率 19/51-37.3% 8/30-26.7

 

レブロンやウェイドがあれだけ簡単にブロックされているのを見るのはなんだか複雑な気持ちになりました。

個人スタッツ

勝利したロケッツでは、クリスポールが22得点11アシスト8リバウンドの活躍でチームを引っ張りました。

https://www.youtube.com/watch?v=N0UDQF2lUL4

 

フィールドゴール確率は57.1%とし、3ポイントも6/9の66.7%で沈めています。

ジェームスハーデンは、16得点と不調で、確率も31.3%としています。エリックゴードンも欠場していますしやはりキャブスの方に大きな問題があるのでしょうか?!

Sponsored Link


敗れたキャブスではJRスミスとアイザイアトーマスの12得点がハイスコアとなっています。

今の時代、他のチームを見ても最高得点が12得点というゲームはそうそう見ることはないでしょう。

レブロンは11得点9リバウンド9アシストとトリプルダブルに近いスタッツを残していますが、確率は30%と平均よりも大きく落としています。

次ゲームの対戦相手

次ゲームの対戦相手はロケッツが2/7にブルックリンネッツと、キャブスが2/7にオーランドマジックと対戦予定です。

ロケッツvsネッツのゲームはWOWOWでライブ放送があります。

2017-18シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント