【NBA2017-18】ウォリアーズgame10 30分以上プレータイムを与えず

NBA2017-11-5 ウォリアーズvsナゲッツ

 

優勝候補no.1と言える王者ウォリアーズ。

昨シーズンまでとはやや雰囲気が違うと感じるゲームもありますが、それでも9試合を終えて6勝3敗と持ち直してきました。

ゲーム10はアウェイでデンバーナゲッツと対戦しています。

ゲーム展開

アウェイながらウォリアーズが持ち前のゲーム運びで第1クォーターを36-23とリードします。

しかし、第2クォーターでは逆転を許すシーンもありました。それでもクォーター終盤で踏ん張り前半を60-55のウォリアーズリードで終えます。

第3クォーターに入るとウォリアーズが力の差を見せつけ見る見るうちにリードが広がっていきます。

第4クォーターでナゲッツがやや追い上げますが、結果的に127-108でウォリアーズが勝利しています。

https://www.youtube.com/watch?v=zziqR7nTs5A

 

Sponsored Link


ウォリアーズのメンバーの中で30分以上出場したプレイヤーはいません。

リードされた第2クォーターでは、スタートからイグダラやマギーといったシックスマンよりもさらにメンバーを落とし、デュラントやカリー等と共にプレーしていました。

スタートメンバーが強力すぎるのもありますが、ベンチメンバーとの差はファンが思っている以上に大きいのかもしれません。

個人スタッツ

ウォリアーズでは、デュラント25点、カリー22点、トンプソン15点、グリーン15点と4人で77得点を挙げ、全員確率は5割を超えています。

https://www.youtube.com/watch?v=0wgfJhyYPzA

 

Sponsored Link


ウォリアーズが競り負けるシーンを今シーズンは見ていますが、まだまだ王者の本当の姿を隠しているのかもしれません。

次ゲームの対戦相手

次ゲームは、ウォリアーズが11/7にマイアミヒートと、ナゲッツが11/8にブルックリンネッツと対戦予定です。

ウォリアーズvsヒートは楽天TVでライブ放送があります。

関連記事



コメントを残す