【NBA2017-18】ウォリアーズgame4 30点差の大勝も何かが違う?!

 

昨シーズン圧倒的な強さでチャンピオンリングを獲得したゴールデンステイトウォリアーズ。

2017-18シーズンに入り3戦を終えて1勝2敗と過去数シーズンと比較しても出足が悪いです。

第4戦はアウェイでダラスマーベリックスと対戦しました。




ゲーム展開

各クォーターのスコアは以下の通りです。

GSWDAL
1Q4024
2Q2538
3Q3422
4Q3419
133103

 

結果的にはウォリアーズの大勝なのですが、アウェイとはいえ第1クォーターでつけた点差を第3クォーター序盤で追いつかれそうになったのにはやや驚きました。

YouTube

 

昨シーズンやシーズン記録をつくったその前のシーズンでは、序盤の大量リードからもう一度ウォリアーズがエネルギーをフルに使う印象は少なかったです。

アウトサイドシュートは相変わらず素晴らしいですが、不用意なパスミスなど気になった方も少なくないでしょう。

Sponsored Link


個人スタッツ

ウォリアーズではステファンカリーが29得点でハイスコアとしています。

スリーポイントは2/10とよくありませんでしたが、それでもフィールドゴール確率を46.7%でまとめています。

デュラントが25得点と続き、トンプソンが21得点を挙げ共に確率は5割を超えています。

Stephen Curry, Kevin Durant & Klay Thompson EPIC Highlights vs Mavericks (2017.10.23) – 75 Pts Total

 

プレーもスタッツも素晴らしい限りですが、王者に違和感を感じているのは管理人だけではないでしょう。

また、開幕戦以来あまりプレータイムのなかったニックヤングもこのゲームでは4/7でスリーポイントを沈めています。

マブスでは20得点以上挙げた選手はいませんでしたが、7人の選手が2桁得点を記録しています。

Sponsored Link


次ゲームの対戦相手

ウォリアーズは10/26にラプターズと、マブスは10/26にグリズリーズと対戦予定です。

ウォリアーズvsラプターズは楽天TV、WOWOWでライブ放送があります。放送予定は以下から。

コメント

  1. カリオ より:

    去年までは負けそうな気しなかったけど、マブスでもなんか不安でしたね…