プレイオフ結果一覧&ハイライト

デリックローズ、ジミーバトラーの怪我で気になるブルズの順位 NBA2014-15

NBA2014-15シーズン

 

先日、デリックローズの膝の怪我の報道があり、心配したファンも多かったシカゴブルズ。

なんとか4週から6週で復帰できるようで、一安心といったところですが、ローズに続きジミーバトラーも怪我により戦線離脱するようです。

報道によると3週から6週の離脱で、膝の捻挫によるものらしいのですがプレイオフには間に合うと言ってもそれまでのチーム状況はやや不安なところです。

現在37勝23敗でイースタンカンファレンスの3位につけるシカゴブルズですが、その中心選手であった2人の長期欠場はさすがに順位に響いてくると思われます。

実際に得点面だけ見てもジミーバトラーが平均20.2得点、デリックローズが18.4得点と単純に40点以上を他の選手で補わなくてはいけません。

もちろんプレイタイムも2人は長かったので他の選手が同じようにプレイすれば同じだけの点数を取る可能性はありますが、そう簡単にいかないことは皆さんよくご存知でしょう。

シーズン中盤まで中堅順位をキープし、ようやく3位まで上がってきてこれからという時だったのでファンとしてはとても残念としかいいようがありません。

すぐ後ろにはキャブスが迫っていますし、このままずるずると順位を下げてしまうとプレイオフでは厳しい戦いになります。

いわゆる4強の両カンファレンスの上位2チーム以外がファイナルへ進出することはとても少なく、5位より下が最近ファイナルへ行った記憶がありません。(昔でもあったのかは定かではありませんが・・・)

シーズン成績はプレイオフにも反映されますし、上位チームとの連戦は想像以上に体力と気力を消費するのだと思われます。

 

Jimmy Butler Leads The Charge For The Bulls!

 

現在3位につけるブルズですが、6位のミルウォーキーバックスまでは4.5ゲーム差しかなく連敗が重なればすぐにでも順位が入れ替わる数字なので1ヶ月辺りはファンは気が気じゃないでしょう。

順位が下がりすぎるようだと現実的にファイナル進出は難しくなり、今シーズンは本気でチャンピオンリングを狙えるチームだけになんともいえない気持ちです。

もちろんまだ何も決まったわけではないので、あまりマイナス的なことばかり書いてもしょうがないのですが、なんとか踏ん張ってプレイオフに繋げて欲しいモノです。

コメント