ブレイザーズがシクサーズに競り勝ち連勝 リラード30得点カーメロ24得点

 

主要メンバーの怪我人が続く中、プレイオフ圏内の勝率を維持しているブレイザーズ。

2月12日におこなわれたシクサーズ戦でも、イースト首位のシクサーズに118-114で勝利し14勝10敗でウェスト5位につけています。

 

1Q2Q3Q4QT
PHI36273021114
POR37232929118

 

 

ブレイザーズでは、ダミアンリラードが30得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイント4/11を含む、FG確率6/21と苦しみましたが、フリースローは14/15で沈めています。

 

 

ベンチからカーメロアンソニーが24得点で続き、スリーポイントも4/5で沈めています。

ラストプレイとなったセットでは、リラードにボールが入らなかった隙をついて上手く抜け出し、ハリスのファールを誘いました。

 

 

フリースローはこの日初めてでしたが、問題なく2本沈める辺りも流石です。

敗れたシクサーズでは、ジョエルエンビードが35得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

ベンシモンズも23得点11リバウンド9アシストの活躍でした。

 

 

 

チーム全体でシューターのスリーポイントが決まらず、6/27の22.2%にとどまりました。