ネッツがクリッパーズとの接戦制し6連勝 ハーデン37得点

 

ケビンデュラントの欠場が続く中、勝率を上げてきているブルックリンネッツ。

2月22日におこなわれたクリッパーズ戦にも112-108で競り勝ち、6連勝です。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
BKN 28 30 31 23 112
LAC 30 21 28 29 108

 

 

ネッツでは、ジェームズハーデンが37得点11リバウンド7アシストの活躍でチームを牽引しました。

ラストプレイのレナードへのディフェンスは、フロップという意見もありましたが、結果的にオフェンスファールをもらい勝利しています。

 

 

カイリ―アービングが28得点で続いていますが、スリーポイントは2/11と不調でした。

それでもクラッチタイムのセットは、スリーポイントを託されていました。

 

 

結果的に外れたものの、デアンドレジョーダンがタップで押し込み、決勝点となりました。

 

 

敗れたクリッパーズでは、ポールジョージが34得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

カワイレナードが29得点で続きました。

 

 

ネッツは、デュラント不在の中、レイカーズ、クリッパーズに連勝です。