今季ドラフト1位アンソニーエドワーズがNBAオフィシャルデビュー

#1 Overall Pick Anthony Edwards Finishes NBA DEBUT With 15 PTS, 4 REB & 4 AST | #KiaTipOff20

 

 

ベンチから約25分出場したアンソニーエドワーズ。

15得点を挙げチームの勝利に貢献しました。

 

出場時間25:09
得点15
リバウンド4
アシスト4
FG確率5/12
41.7%
3PT確率1/5
20.0%
FT確率4/4
ターンオーバー1
+/-+4

ディアンジェロラッセルとカールアンソニータウンズを中心に、プレイオフ進出を目指すウルブズ。

そんなチームの重要な得点源として期待が集まります。

ディアンジェロラッセルに加えて、今季からベテランのリッキールビオも加わっているので、多くのことを学べそうです。

開幕戦は、111-101でピストンズに勝利し、マリークビーズリーが23得点、カールアンソニータウンズが22得点11リバウンド7アシスト、ディアンジェロラッセルが18得点を記録しています。

 

Highlights | Minnesota Timberwolves 111-101 Detroit Pistons – December 23, 2020

 

Highlights | Malik Beasley (23 Pts., 4 Reb., 2 Ast.) vs. Pistons – December 23, 2020

 

Highlights | Karl-Anthony Towns (22 Pts., 11 Reb., 7 Ast.) vs. Pistons – December 23, 2020

 

Highlights | Jarrett Culver (10 Pts., 10 Reb., 2 Ast.) vs. Pistons – December 23, 2020

 

敗れたピストンズでは、ジョシュジャクソンが18得点、ブレイクグリフィン・デリクローズが15得点を記録しています。

ローズの伸びのある速攻も健在でした。