【NBA】きっとあなたもウェストブルックが好きになる

冷静に戦い続けよ

 

激戦続くNBA2017プレーオフ。

ロケッツvsサンダーの第4戦がサンダーのホームでおこなわれました。

レギュラーシーズンで平均トリプルダブルという恐ろしいスタッツを残したラッセルウェストブルックはプレーオフに入っても健在ですが、自力で勝るロケッツに第4戦も接戦の末敗れ、シリーズ成績はロケッツの3勝1敗となっています。

 

このゲームでもウェストブルックは、トリプルダブルを記録していて35得点14アシスト14リバウンドを記録しています。

フィールドゴール確率は40%を切りタフショットが相変わらず多かったことを物語っていますが、今のサンダーの状況では相手もウェストブルックをひつようにマークしますし致し方ない数字と言えるでしょう。

Sponsored Link  


このゲームで管理人が鳥肌ものだと思ったものを2つ挙げます。

まずゲーム終盤のアダムスのフリースローからのあのプレーです。

 

1本目をサクッと決めたアダムスが、無表情で2本目を外し、リバウンドからウェストブルックにタップパス→ディープスリー・・・

上の動画を見る限りでは、アダムスから提案しているように見えますが、ここまできれいに決まるか?!と思えるほどのビッグプレーでした。

フリースローのサークルを飛びだしてまでアダムスがウェストブルックに何か話している感じは分かるのでロケッツの選手やベンチがウェストブルックを警戒しなかったことも不思議でなりません。

フリースローの後の話だと思ったんでしょうか?!

やったことある人は分かると思いますが、フリースローをわざと外すプレーは成功率が低いです。

上手く跳ね返ってこなかったり、シューターバイオレーションになりがちです。

それを目の色一つ変えずに自分でリバウンドを取りウェストブルックにそのままパスを出したアダムスには脱帽ものでしょう。

そしてそれを当たり前のように決めるウェストブルック・・・誰が何と言おうとスーパースターでしょう。

Sponsored Link  


そしてこのゲームで管理人が最も心を打たれたのがゲーム後のインタビューでした。

ツイッター上で話題になっていたので映像を探してみたのですが、ツイッター上の情報とはやや印象が違いました。

 

すべて英語で字幕もないため、管理人も全てを理解しているわけではありませんが、インタビューの冒頭に、アダムスへの質問でウェストブルックがベンチに下がった時のチームの状況がよくないといったようなクエスチョンが出て、変わりにウェストブルックが答えたというイメージです。

ウェストブルックの発言では、teamという単語とtogetherという単語が何度も聞き取れたと思います。

twitterなども合わせて読み取ると、

「全てはチームでプレーしていることで、自分個人の問題ではない。ウェストブルックvsロケッツのような表現はもう止めてくれ」

などと発言しているようです。

あそこでアダムスの変わりに発言すること自体かっこいいのですが、何よりも冷静に対応しているところがプロ過ぎると驚きました。

プレースタイルからいって、あそこで切れ散らかしてもおかしくない印象だっただけにギャップからか感動すら覚えました。

個人サイトなので問題ないと思いますが、次ゲームはゴリゴリにサンダーを応援してしまいそうです。

みなさんも是非 笑

関連記事

1件のトラックバック

コメントを残す