ナイキ エアジョーダン4 NIKE Air Jordan4

既に人気になっていたシリーズの4作目が1989年に発売開始されたエアジョーダン4であり、ミッドカットモデルのみが展開されたりシューズ自体の軽量化や補強力の強化を目的として、メッシュやプラスチック素材が多用されているのが特徴的です。

メッシュやプラスチック素材など、従来のシューズには使用されていなかった素材がふんだんに使用されている様相から洗練されたシューズとして認知され、今日におけるエアジョーダンの印象を定義付けるものになっています。

 

 

また、名称にも用いられているバスケットの神様マイケルジョーダンも実際にエアジョーダン4を使用していた時期があり、1988年から1989年にかけて行われたシリーズにて成功した歴史的なシュートシーンでも着用している様子が見られます。

 

 

長い歴史を有している人気のシューズだからこそ各々に独自的な特徴がありますが、エアジョーダン4の特徴として挙げられるのは、甲から足首にかけてフィットしサポートしてくれるシュータンにFlightというロゴが記されている様子です。

Flightというロゴの上部には、シリーズの全てに共通して存在している名称の由来になったバスケットボールプレイヤーがデザインされているのですが、4のみにFlightという文字が見られるためエアジョーダンに興味関心を持ち始めて間もない場合には、Flightという文字の有無によってモデルを見分けるきっかけにもさせられます。

もちろん、数あるシリーズの中で4が最も好きである方の場合には、Flightという文字を目立たせるコーデで洋服選びをするのもお洒落です。

 

 

シュータンの中にズボンの裾が入れられるように、細みのスキニーパンツやスキニーデニムを選ぶと裾が綺麗にシューズの中に収められるようになるのと共に、存在感があるシューズを主役にしたコーデができます。

エアジョーダン4レトロは普段のスニーカーの大きさと同じでも問題ありませんが、ミッドカットで足を入れる部分が高くなっている事を考慮し、1cmサイズアップしたサイズ感を選定するのも良いです。

 


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

バッシュ
OverTime

コメント