ナイキ エアジョーダン3 NIKE Air Jordan3

エアジョーダンとはナイキがプロデュースするバスケットシューズの人気モデルであり、「バスケットボールの神様」と評されたマイケル・ジョーダンとのコラボレーションによるシリーズです。

名前に付いている「エア」はシューズ自体にエアクッションがあることや、マイケル・ジョーダンはプレー中のジャンプの滞空時間が長くエアというニックネームで呼ばれていたことなどに由来しています。

中でも、1988年に登場したジョーダンシリーズの3作目となるエアジョーダン3は、現在まで続くエアジョーダンシリーズのデザインを決定づけた存在として知られており、斬新かつ実験的なデザインが取り入れられていることで今でも人気があります。

 

 

エアジョーダン3の大きな特徴としては、まず定番であるナイキのロゴマークが使われなくなったことです。

代わりに、ジャンプマンと呼ばれるマイケルジョーダン本人を撮影したポスターが元となって作られた専用のロゴが採用され、現在に至っています。

 

 

また、セメント柄もしくはエレファント柄などとも呼ばれているつま先部分の型押しデザインも、エアジョーダン3の象徴です。

特に黒色のものは人気が高く、ブラックセメントあるいは黒セメなどの愛称で親しまれています。

 


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

バッシュ
OverTime

コメント