ナイキ エアジョーダン2 NIKE Air Jordan2

若者を中心に人気のジョーダンシリーズの2代目モデルであるエアジョーダン2。

エアジョーダン1から2にバージョンアップして改善されたところが2点あります。

1つ目は、サイド部分にあるナイキのロゴが入っていないことです。

2つ目は、靴を履いた時のクッション性です。分厚いソールがゴム製になったことで機能性がアップしました。

 

 

デザイン性も機能性もレベルアップしたエアジョーダン2ですが、レベルが下がったといわれる点もあります。

それは履いた時の通気性です。

しかし、これは日常的に履く場合には問題ないレベルという意見もあります。

ところで、エアジョーダン2はハイカットのイメージが強い商品ですが、ローカットのモデルもあります。

 

 

ローカットタイプはハイカットタイプと比べると見た目の印象が華奢になり、女性でも履きやすくなっています。

汎用性が高いので、ヘビロテできること間違いなしです。

エアジョーダンシリーズは白、黒、赤などスポーティーなカラーコンビネーションが特徴的というイメージをお持ちの方も多いと思います。

ところが最近のエアジョーダン2は、レトロなカラーやファッションコーデに合わせやすいカラー展開がなされています。

性別、年代、国を問わずに大人気のエアジョーダン2の進化にこれからも注目です。

 


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

バッシュ
OverTime

コメント