キングスvsウルブズ バディヒールドがキャリアハイの43得点 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

ウェスト13・14位と低迷するキングスとティンバーウルブズ。

両チームの対戦が1月28日におこなわれました。

ゲーム展開

 

このゲームでもコービーブライアントに追悼の意を表し、8秒と24秒のオーバータイムからスタートしました。

 

 

前半大きくリードを許したキングスでしたが、最終クォーターの追い上げは凄まじく勝負はオーバータイムへともつれ込みました。

オーバータイムに入っても両者譲りませんでしたが、勢いで勝るキングスが競り勝ち結果的に133-129で勝利しています。

 

サクラメントキングス

キングスでは、バディヒールドがキャリハイの43得点を挙げチームを勝利に導きました。

 

 

コービーの大ファンであり、彼がNo1だとゲーム後のインタビューでも話しています。

 

 

ディアロンフォックスが22得点で続いています。

オーバータイムへと繋げる、フリースローをわざと外すプレイはお見事でした。

あれほどうまく決まるシーンはあまり見たことがありません。

 

ミネソタティンバーウルブズ

ウルブズでも、エースのアンドリューウィギンスが36得点を挙げチームを引っ張りました。

 

 

コビントンが24得点、タウンズが23得点で続いています。

 

最後に

コービーブライアントの事故後、エースが積極的に得点を取りに行くゲームが続いています。

マンバメンタリティーを受けつぐ選手たちに今後も期待しましょう。