レイカーズvsニックス アンソニーデイビスが腰を強打し途中退場 NBA209-20

NBA2019-20シーズン

 

先日、ジョエルエンビードの負傷を伝えたばかりですが、ロサンゼルスレイカーズのアンソニーデイビスが、1月8日におこなわれたニックス戦で腰を強打し、途中退場するシーンがありました。

 

Anthony Davis Scary Injury After Hard Fall! Lakers vs Knicks January 7, 2020 NBA Season

 

X線検査の結果は問題なかったようで、仙骨(脊椎の尾骨の上の部分)の打撲と伝えれれています。

1分以上を起き上がることが出来ず、チームメイトや会場も騒然としましたが怪我が大事に至っていないことを願うばかりです。

ゲームはレイカーズが快勝

Lakers vs Knicks Full Game Highlights! January 7, 2020 NBA Season

 

レブロンジェームズがチームを引っ張り31得点を挙げるなど、レイカーズが117-87で快勝しています。

 

HIGHLIGHTS | LeBron James (31 pts, 5 reb, 5 ast, 2 stl) vs. New York Knicks

 

ハワードのスリーポイントも飛び出しました。

 

 

問題のプレイも

Bobby Portis Smacks Kentavious Caldwell-Pope's Headband Off And Gets Ejected For Wild Foul

 

ボビーポーティスが、速攻を防ごうとKCPの頭部を思いっきりアタックしてしまい、一発退場となっています。

故意ではないようですが、何度見ても故意にしか見えないようなプレイです。

KCPはその後もプレイしているため、ケガがなくて何よりでした。

 

最後に

レブロンと共にレイカーズの主軸であるアンソニーデイビス。

長期離脱もあり得るような痛がり方でしたが、少しでも早い万全の回復を願う他ありません。

 

 

コメント