ロケッツvsキャブス ハーデン55得点 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

昨日までのゲームで、平均38得点を挙げているジェームズハーデン。

12月12日におこなわれたキャブス戦で、また50得点を超えるパフォーマンスを見せています。

ゲーム展開

Houston Rockets vs Cleveland Cavaliers Full Game Highlights | December 11, 2019-20 NBA Season

 

1Q2Q3Q4QT
HOU35292428116
CLE29282528110

 

第4クォーターにキャブスが逆転しますが、ロケッツもハーデンを中心に踏ん張り、再逆転し結果的に116-110でロケッツが勝利しています。

 

ヒューストンロケッツ

ロケッツでは、ジェームズハーデンが55得点8アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

最近不調だったスリーポイントも10/18で沈め、FG確率は5割を超えています。

 

Harden DROPS 55 in Win on Career-High Tying 10 3PM!

 

ウェストブルックが23得点7リバウンド6アシストで続き、ターンオーバーも2とここ数試合は調子を取り戻しつつあります。

4スティールとディフェンス面での活躍も目立ちました。

 

クリーブランドキャバリアーズ

キャブスでは、ケビンポーターJrが24得点を挙げスコアリーダーとなっています。

6人の選手が2ケタ得点を挙げ、チーム全体のFG確率も5割を超えていたため、終盤ホームで競り負けたのは痛いです。

 

最後に

最近では、50得点と言っても以前ほど驚かなくなりました。

ジェームズハーデンであれば尚更です。

今日ぐらいスリーポイントが入れば、正直毎試合でもいけそうな雰囲気です。

ロケッツvsスパーズ 最大25点差からの逆転劇 NBA2019-20
様々なドラマが生まれているNBA2019-20シーズン。 12月17日におこなわれたロケッツとスパーズの一戦でも大量点差をひっくり返す逆転...

コメント