ロケッツvsスパーズ 最大25点差からの逆転劇 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

様々なドラマが生まれているNBA2019-20シーズン。

12月17日におこなわれたロケッツとスパーズの一戦でも大量点差をひっくり返す逆転劇がおこりました。

ゲーム展開

 

1Q2Q3Q4QT
SAS35371718107
LAL21323026109

 

序盤からリードを奪ったアウェイのスパーズ。

第2クォーターには、その差は一時25点にまで広がりました。

それでもホームのロケッツは、第3クォーターで点差を詰めると、第4クォーター中盤には追い付きました。

クラッチタイムの攻防で競り勝ったロケッツが結果的に109-107で勝利しています。

 

ヒューストンロケッツ

ロケッツでは、ラッセルウェストブルックが31得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイントは1/7と不調でしたが、終盤の気迫は凄まじいものがありました。

ジェームズハーデンが28得点で続いています。

 

 

ベンマクレモアが17得点、クリントカペラが15得点15リバウンドと相変わらずの活躍を見せています。

 

サンアントニオスパーズ

スパーズでは、ラマ―カスオルドリッジが19得点でスコアリーダーとなっています。

ブリンフォーブスが18得点、ジャマールマレー、デリックホワイトが16得点で続いています。

ハーデンに対し、マレーはディフェンス面でもプレッシャーを与え続けていました。

 

 

 

最後に

先日の同カードでは、ロケッツが大量リードからオーバータイムの末逆転負けを喫しましたが、今日は真逆の展開となりました。

ハーデンのダンクに対する誤審など、色々な意味で今後の対決も注目です。