10/23 NBA2018-19レイカーズOTで競り負け3連敗

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

開幕から連敗スタートとなった新生レイカーズ。

レブロンジェームズもウェストの洗礼を受けているようですが、3試合目はスパーズと対戦しています。

レイカーズ vs スパーズ

 

1Q2Q3Q4QOT
LAL2634363214142
SAS4025342915143

 

レイカーズでは先日のロケッツ戦の乱闘騒ぎによりロンドとイングラムが欠場しています。

第1クォーターから大きく点差をつけられたレイカーズでしたが第2クォーターで盛り返しその後徐々に点差を詰めていきます。

ゲーム終盤には残り約1分で8点の点差をつけられますが、マギーのダンク、クーズマのスリー、レブロンのスリーで同点に追いつき試合はオーバータイムへもつれ込みました。

 

 

オーバータイムはレイカーズのお祭り騒ぎのような雰囲気もあったのですが、スパーズが冷静に得点を返し終了間際に逆転します。

残り6.8秒でスローインからレブロンへボールが渡りますがジャンプシュートは外れ結果的に143-142でスパーズが勝利しています。

個人スタッツ

レイカーズではカイルクーズマが37得点でスコアリーダーとなっていて、レブロンジェームズが32得点で続いています。

ロンド不在ということもあってかレブロンは14アシストも記録しています。

勝利したスパーズではオルドリッジが37得点、デローザンが32得点を挙げています。

デローザンはレブロンと全く同じスタッツとなる8リバウンド14アシストを記録しています。

 

 

 

ルディゲイやフォーブス、ミルズの得点も勝負所で効いていました。

また、相変わらずのスパーズのボールムーブがSNSではよく見ることが出来ました。

チーム全体のスリーポイント確率は15/28と5割を超えていて、今シーズンも楽しませてくれそうです。

10/23全試合結果と動画

 

ORL - BOS

 

1Q2Q3Q4Q
ORL2820271893
BOS1926252090

 

 

CHA - TOR

 

1Q2Q3Q4Q
CHA22253227106
TOR31313530127

 

 

NYK - MIL

 

1Q2Q3Q4Q
NYK29233526113
MIL33381736124

 

IND - MIN

 

1Q2Q3Q4Q
IND2821241891
MIN25252229101

 

 

CHI - DAL

 

1Q2Q3Q4Q
CHI28332325109
DAL31282927115

 

MEM - UTA

 

1Q2Q3Q4Q
MEM1928232292
UTA2224172184

 

 

 

WAS - POR

 

1Q2Q3Q4QOT
WAS2834163314125
POR3230153413124

 

 

PHX - GSW

 

1Q2Q3Q4Q
PHX23243422103
GSW32383617123

 

 

SAS - LAL

 

1Q2Q3Q4QOT
SAS4025342915143
LAL2634363214142