NBA2018プレイオフECSFキャブスvsラプターズGame2

NBA2018プレイオフイースタンカンファレンスセミファイナル、キャブス-ラプターズ

 

Game1をアウェイで勝利したキャブス。

ラプターズはホームで連敗は出来ない状況下でのゲームとなりました。

スポンサーリンク

ゲーム展開

前半は両者譲らず63-61のラプターズ2点リードで折り返します。

後半に入るとキャブスはレブロンジェームズを中心に他の選手も得点を重ね、第3クォーターを37-24とすると第4クォーターでもさらにその差を広げ結果的に128-110で勝利しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=obqj4wkwgv8

 

ペイサーズにあれほど苦しんだのが嘘のようですが、128得点は今季プレイオフ最多となります。

個人スタッツ

キャブスではレブロンジェームズが43得点8リバウンド14アシストでチームを勝利に導きました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ih2ZQooECqc

 

ゴリゴリのドライブだけでなく、えげつないフェイダウェイジャンパーが印象的でした。

そして、ケビンラブがようやくシュートをたくさん放ってくれました。

11/21の52.4%の確率で31得点を挙げています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=JTVvUqfSEUg

 

その他にも、JRスミス、ジョージヒル、ジェフグリーンが2ケタ得点を挙げています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=GQ9lA-PaXrU

 

敗れたラプターズでは、デローザンが24得点でスコアリーダーとしています。

カイルラウリーが21得点、バランチューナスが16得点と続いています。2人とも確率は7割を超える高いスタッツでした。

ファンの声

RA
RA

キャブスの変わり様は一体・・・

CW
CW

ラプターズよりペイサーズの方が強いの?!

GH
GH

ラブやっぱりうまい!次もちゃんと攻めてほしい

MJ
MJ

スイープまであります

Game3

ホームでまさかの連敗となったラプターズ。

レギュラーシーズン首位のプライドにかけてもこのままでは終われないはずです。

しかし、Game3.4はキャブスのホームでおこなわれます。

ファーストラウンドで7戦戦ったキャブスは早々にケリをつけたいところでしょう。

2018プレイオフ・ファイナル
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
注目記事



Basketball Dream

コメント