NBA2018プレイオフハイライト

NBA2018プレイオフWCFロケッツvsウォリアーズGame3

NBA2018プレイオフ ウェスタンカンファレンスファイナル ロケッツ-ウォリアーズ

 

シリーズを1-1のタイで迎えたGame3。

ウォリアーズのホームへ移りおこなわれました。




ゲーム展開

序盤からホームのウォリアーズペースでゲームは進みました。

前半を54-43で11点リードすると、後半にはその差を大きく広げ結果的に126-85で快勝しシリーズを2-1とリードしています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=645i6asTfz4

 

ロケッツのFG確率は4割を切っていて、逆にウォリアーズは5割を超えています。

ウォリアーズのディフェンスがよくロケッツはシュートを決められず、アーリーオフェンスでディフェンスが崩れたところで特典されるシーンも目立ちました。

個人スタッツ

ウォリアーズでは、ステファンカリーが35得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイント5/12を含むFG確率は56.5%となっていて、ここにきて復調してきました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=YokpblFUrrs

 

ケビンデュラントが25得点と続き、スタートメンバーは全員が2桁得点を挙げています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ujuDJO3WvFc

 

ロケッツではジェームスハーデンが20得点を挙げてスコアリーダーとなっていますが、点差で分かる通りロケッツらしいオフェンスは機能しませんでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=rFrFmn6e5DE

 

クリスポールはFG確率は31.3%の13得点にとどまり、Game2で活躍を見せたゴードンが11得点、PJタッカーが6得点と沈黙しています。

ファンの声

RA
RA

カリーが本調子に戻ったウォリアーズ強すぎ

CW
CW

最後まで見れる試合が最近少ないぞ

GH
GH

ウォリアーズのディフェンス相当いいんだろうな~オフェンスに目がいっちゃうけど

MJ
MJ

3人のうち2人がある程度点取ればウォリアーズの勝ちなのね

Game4

Game3をホームで勝利したウォリアーズは、プレイオフでのホーム連勝記録を16に伸ばしNBA新記録を樹立しています。

2年前のファイナルでキャブスに敗れてから負けてないという計算になります。

ロケッツがウォリアーズに勝つためにはウォリアーズのホームで1勝しなくてはいけないためこれまた面白くなってきました。

Game4もウォリアーズのホームでおこなわれます。




2018プレイオフ・ファイナル
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント