【NBA】クレイトンプソンのキャリアハイ60得点ゲーム

クレイトンプソン

 

2019ファイナル時の怪我により、2019-20シーズンを欠場しているクレイトンプソン。

2020-21シーズンにはまたあの芸術的なアウトサイドシュートと堅実なディフェンスでファンを魅了してくれるでしょう。

今回はクレイトンプソンのキャリアハイ、60得点ゲームをハイライトしたいと思います。

2016.12.05 vs ペイサーズ

Klay Thompson CAREER HIGH 60 POINTS in 29 Minutes | 12.05.16

 

中外バランスよく、本当に無駄のないスコアリングといった印象でしょうか。

相手チームもさすがにお手上げといった感じですが、ベンチに下がったカリーのはしゃぎようも見物でした。

 

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間29:03
得点60
リバウンド2
アシスト1
FG確率21/33
63.6%
3PT確率8/14
57.1%
FT確率10/11
90.9%
ターンオーバー0
+/-+37

 

29分で60得点・・・どれだけ効率よく点を取っていたかがよく分かります。

ターンオーバーもなく+/-は37を記録しています。

最後に

2016-17シーズンは、KDが加入したシーズンですがフルメンバー揃い踏みでのこの記録は流石という他ないでしょう。

コービーの81得点や、チェンバレンの100得点は今後出ることがないと思っていますが、この映像を見返すとそうでもないような気がしてきます。

コメント