【NBA2017-18】10/30キャブス・ウォリアーズ共にホームで敗れる

NBA2017-10-30 キャブスvsニックス、ウォリアーズvsピストンズ

 

開幕から10日が経ったNBA2017-18シーズン。

既に全勝チームはなくなり混戦模様となっています。

10/30には優勝候補筆頭のキャブスとウォリアーズが登場しています。

キャブスvsニックス

6戦を終えて3勝3敗と調子の上がらないキャブスは、1勝3敗とこちらも苦しいニックスと対戦しました。

キャブスのホームコートでおこなわれたゲームでしたが、序盤からニックスがリードを広げます。

第2クォーターでキャブスがやや反撃ムードとなりますが、第3クォーターで再度引き離され第4クォーターでもさらに点差を広げられたキャブスは結果的に114-95でニックスに敗れています。

https://www.youtube.com/watch?v=CKOBJxBQWNM

 

Sponsored Link


これでキャブスは開幕から7戦を終えて3勝4敗と負け数の方が多くなってしまいました。

カイリ―アービングの移籍騒動からメンバーが大幅に入れ替わったこともありますが、ここまで苦しいスタートを切ることになると予想していた方は少なかったでしょう。

このゲームでは、チームで5割以上のフィールドゴール確率をキープできたのはカイルコーバーのみで、全体の確率は38.3%にとどまっています。

勝利したニックスでは、ティムハーダウェイジュニアとポルジンギスの2人で66得点を挙げる活躍を見せてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=xU1DFs5xIo0

 

今季サンダーから移籍したセンターのエネスカンターも18得点を挙げています。

ウォリアーズvsピストンズ

開幕6戦目までの成績を4勝2敗と持ち直した感のあったゴールデンステイトウォリアーズ。

このゲームでも第1クォーターから35-27とリードし、連勝を掴み取るはずでした。

しかし、第2クォーターからは全てのクォーターでリードを許し、第4クォーターで逆転され追いすがるシーンもありましたが結果的に115-107でピストンズに敗れています。

https://www.youtube.com/watch?v=8IIK5inz5cA

 

Sponsored Link


個人スタッツで見ると以下のようにカリー、トンプソン、デュラントの3人は申し分のない数字を残しています。

得点 確率
カリー 27点 11/17-64.7%
トンプソン 29点 12/19-63.2%
デュラント 28点 10/14-71.4%

 

スリーポイントも3人で10本沈め、全員4割を超える確率でした。

これだけのスタッツを残して勝てないというのは昨シーズンまでとやはり何か雰囲気が違うように感じてしまします。

https://www.youtube.com/watch?v=S_L79czPdNg

 

勝利したピストンズでは、エイブリーブラッドリーが23得点、レジ―ジャクソンが22得点をこちらもそれぞれ6割を超える確率で挙げています。

https://www.youtube.com/watch?v=_COG9BxxtgU

 

キャブスとウォリアーズが共にホームコートで敗れたのは過去3年間で見ても珍しいことではないでしょうか?!

ウォリアーズはそもそも負けるのが珍しかったですし、ホームゲームでは尚更負け試合を見ることの方が昨シーズンまでは稀でした。

まだシーズンは始まったばかりですが、今シーズンは過去3年間と比べるとシーズン序盤の雰囲気が違うと感じている方も多いでしょう。

関連記事



コメントを残す