NBA2018プレイオフハイライト

[NBA]スパーズが開幕2連勝!レナード2試合連続30得点

開幕戦でウォリアーズに29点差で圧勝したサンアントニオスパーズ。

早くも第2戦を迎え、第1戦に続きアウェイでサクラメントキングスと対戦しました。




ゲーム展開

序盤から点差のそれほどつかなかったゲームですが、ホームのキングスが第1、2クォーターともにリードし前半終了時点で57-53のキングス4点リードで折り返します。

しかし、後半に入るとスパーズが一気に第3クォーターで逆転し、第4クォーターでさらに突き放し結果的に102-94でスパーズが勝利しています。

また、このゲームは新たにキングスのホームコートとなったゴールデン1センターの記念すべき公式開幕戦でした。

 

Sponsored Link  


個人スタッツ

開幕2連勝としたスパーズは、カウイレナードが開幕戦に続き30得点をマークしスコアリーダーとなっています。

スパーズが1人の得点に頼るバスケットはあまり印象がありませんが、他の選手はいまいち調子が上がらず、オルドリッジは16点を挙げながら確率38.5%、パーカー4得点ながら確率0/6のフリースローのみ、ジノビリ33.3%の8得点とこれまでのスパーズのイメージとは違ったバスケットを今シーズンは展開していくかもしれません。

まあまだ2ゲーム目なので、これまで同様にチームバスケットが再燃すればおのずと個人スタッツも平均的に高い数字となってくるでしょう。

敗れたキングスはリオオリンピックでも活躍したデマーカスカズンズが37得点16リバウンドを記録しています。

強烈なインサイドに加えて3ポイントも3/5で沈めていてディフェンスもたまったものではないでしょう。

 

 Sponsored Link  


次ゲームの対戦相手

次ゲームの対戦相手は、スパーズがニューオリンズペリカンズ、キングスがミネソタティンバーウルブズとなっています。

開幕戦で50得点を挙げたペリカンズのアンソニーデイビスをスパーズのガソール、オルドリッジ等がどのようにマッチアップするのか注目が集まります。

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3151158&pid=882999831″]NBA見るならwowow[/btn_l] [btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




2016-17シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント