ウォリアーズが第5戦でレイカーズに勝利し望み繋ぐ

 

 

レイカーズの3-1リードでむかえた、ウォリアーズとのカンファレンスセミファイナル第5戦。

負けたら終わりと追い込まれた前年王者のウォリアーズは、序盤からリードを奪うと、後半にはその差を2ケタに広げ優位にゲームを進めました。

第4クォーターに一度点差は1ケタまで詰まりましたが、すぐさま引き離し結果的に121-106で勝利しシリーズはレイカーズの3-2となりました。

ウォリアーズではステファンカリーが27得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

アンドリューウィギンスが25得点で続き、最近の不調を払拭しました。

 

 

ケボンルーニーのプレイタイムもやや伸び、リバウンドやディフェンス面での貢献は大きかった印象です。

ジョーダンプールとクレイトンプソンは、まだまだ調子が上がりませんが、第6戦はトンプソンのゲームですし、どちらかの爆発があればアウェイでも面白いゲームになりそうです。

 

 

敗れたレイカーズでは、レブロンジェームズが25得点、アンソニーデイビスが23得点でチームを牽引しました。

アンソニーデイビスは、終盤ルーニーとのリバウンド争いから脳震盪のような症状でロッカールームに下がりましたが、プロトコルには触れず次ゲームは出場できそうです。

第6戦は、レイカーズのホームでおこなわれます。

コメント