シクサーズがマブスに快勝し連勝 グッドディフェンス

 

イースト首位をひた走るセブンティーシクサーズ。

2月26日におこなわれたマブス戦にも、グッドディフェンスから好展開をつくり111-97で快勝しています。

 

1Q2Q3Q4QT
DAL2221252997
PHI23362725111

 

 

シクサーズは、チーム全体で11スティールを記録しました。

特にベンシモンズのディフェンスは素晴らしく、ルカドンチッチを19得点4アシストにおさえました。

ジョエルエンビードがFG確率5/20(25.0%)と不調ながら、フリースローをしっかりと沈め23得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

セスカリーとベンシモンズは高確率で15点を挙げ、ドワイトハワードもマジック時代を彷彿とさせるようなダンクも決め14得点8リバウンド3ブロックを記録しています。

 

 

 

 

敗れたマブスでは、ドンチッチの19得点が最高でした。

ジョシュリチャードソンが13得点、ティムハーダウェイJrが12得点で続いています。

ポルジンギスの復帰が待たれます。