ニックスが140得点でキングスに快勝 クイックリー20分で25得点

 

順位が団子状態のイーストで抜け出したいニックス。

2月26日におこなわれたキングス戦では、140得点の猛攻で勝利しています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
SAC 29 33 32 27 121
NYK 38 39 24 39 140

 

 

ニックスでは、ルーキーのイマニエルクイックリーが約20分の出場で25得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

アレックバークスが24得点、ジュリアスランドルが21得点14リバウンドで続いています。

ニックスへ移籍後初のスターターとなったデリックローズは、中盤までFG確率7/7と好調で18得点6アシストを記録しました。

 

 

ニックスは、チーム全体でスリーポイント19/36(52.8%)、フィールドゴール51/87(58.6%)と好調でした。

敗れたキングスでは、ディアロンフォックスが29得点でスコアリーダーとなっています。

ハリソンバーンズが22得点、マービンバーグリーが19得点で続き、確率も悪くありませんでしたが、140点は取られすぎでした。