マブスがサンズに敗れ5連敗 クラッチタイムのクリスポール劇場

 

先日のインタビューで、「これまでこんな気持ちになったことがない」というほど連敗にショックを受けていてたルカドンチッチ。

1月31日におこなわれたサンズ戦にも、111-105で逆転負けし5連敗となりました。

逆にサンズは3連敗からの連勝です。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
PHX 29 26 22 34 111
DAL 28 27 27 23 105

 

サンズでは、クリスポールが29得点12アシストの活躍でチームを牽引しました。

クラッチタイムは自ら得点しながらも、見事なアシストで見慣れたクリスポール劇場となりました。

ファールゲームとなった終盤もとにかくフリースローを外さないのも印象的でした。

 

 

ディアンドレエイトンが18得点で続き、ジェイクラウダーも勝負を決定付けるスリーポイントを沈め14得点挙げています。

敗れたマブスでは、ルカドンチッチが29得点8リバウンド7アシストでチームを引っ張りました。

 

 

ポルジンギスも欠場し、この日も苦しいゲームとなりました。

コメント