レナード復帰のクリッパーズがブレイザーズに快勝でウェスト単独首位に

 

ゲーム中に口を負傷し、欠場していたクリッパーズのエース、カウイレナード。

31日におこなわれたブレイザーズ戦でマスクをつけて復帰しチームを勝利に導きました。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
POR 26 31 28 20 105
LAC 37 39 31 21 128

 

クリッパーズでは、カウイレナードが28得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

 

ポールジョージが23得点で続き、スターターは全員+/-で+20以上と快勝でした。

 

 

敗れたブレイザーズでは、CJマッカラムがスリーポイントを7/11で沈め25得点を挙げています。

 

 

ダミアンリラードが20得点で続きますが、スリーポイント0/8を含むFG確率が21.4%と不調でした。

カーメロアンソニーが15得点で続いています。

コメント