センター陣復帰のウォリアーズがニックスに勝利 カリー37得点7スリー

 

ケボンルーニーとジェームズワイズマンの欠場が続いていた、ゴールデンステイトウォリアーズ。

2月24日におこなわれたニックス戦で、両選手が復帰し、ゲームも114-106で勝利し連敗を止めています。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
GSW 36 19 39 20 114
NYK 31 28 26 21 106

 

 

ウォリアーズでは、ステファンカリーが37得点でスコアリーダーとなっています。

スリーポイントも7/14と好調でした。

 

 

ケリーウーブレJrが19得点、アンドリューウィギンスが16得点で続き、ジェームズワイズマンも高確率で14得点を挙げました。

敗れたニックスでは、ジュリアスランドルが25得点でスコアリーダーとなっています。

エルフリッドペイトンが20得点、デリックローズが16得点で続いています。

ローズは、3試合ぶりの2ケタ得点でした。

このゲームでは、久しぶりにマジソンスクエアガーデンにお客さんが戻りました。

 

 

コメント