走って飛べるパワーフォワード、ケネスファリード

ケネス・ファリード

FIBAバスケットボール・ワールドカップ2014でアメリカのインサイドを支え続けたケネスファリード。

Bチームとも言われた今大会のアメリカ代表を平均得点差33点の圧倒的な優勝に導いた選手の一人です。

ハイライトシーンには毎ゲームと言っていいほどケネスファリードの豪快なダンクシーンが何本も映し出されていて、NBAでもファンの多い選手ですが、ワールドカップで世界中にその名を轟かせましたね。

 

 

2011年のドラフト1巡目22位でデンバーナゲッツに入団したケネスファリードですが、大学で4年プレーしてのエントリーでしたが思ったより順位は低いですね。

その年の1位はワールドカップMVPのカイリーアービングが選ばれていて、グローバル化の進むNBAの真っ只中で3位から7位の選手はアメリカ人でなかったことなども影響しているかもしれません。

ちなみに同じくワールドカップで活躍したクレイトンプソンが11位、昨シーズン(2013-14)ファイナルMVPを獲得したレナードが15位となっています。

 

037

 

何度見ても203cmに見えないのは管理人だけでしょうか?!

どこのサイトで確認しても公式身長は203cmとなっていて、ワールドカップの公式ページでも同じだったので間違いないと思うんですが、もっと大きく見える・・・髪形ですかね・・・

 

 

パワーフォーワードのウィンドミル・・・・・

 

ルーキーイヤーはシーズンの半分ほどしか出場することが出来ませんでしたが、それでもシーズン平均2ケタ得点、2シーズン目、3シーズン目はスタメンに定着しました。

シュートレンジが広い印象はありませんが、昨シーズンはキャリアハイの13.7得点を記録していて、屈強なインサイドプレイに加えてファーストブレイクにも参加できる脚力がもう1つのポイントと言えますね。

怖いもの知らずと言うか野生的というか全速力からのアリウープは見てるこっちが怖くなるほど迫力があります。

日本でも大きくて動きの速い選手が出てきていて今後により期待が集まりますが、世界各国でも同じように更に進化しているのかもしれません。

それだと一生追いつけないんですが・・・

 

 

チームとしては昨シーズン10年振りにプレイオフ進出を逃していて、その前の2シーズンもファーストラウンド敗退とまだまだその活躍をプレーオフで見ることは出来ていません。

やはりNBAはプレーオフからがホントの戦いだと言われているので、もっと上のゲームでその活躍を見たい選手の一人です。

オラジュワンやシャックが築いたインサイド全盛期ではありませんが、背の高いインサイドプレイヤーをスピードとパワーで圧倒する姿を来季からも期待したいところです。

 

 

twitter

コメントを残す