怪我に悩まされ続けるモンスターセンター、アンドリューバイナム

アンドリュー・バイナム

当時歴代最年少の若さでNBAのコートにたったアンドリューバイナムは、高校卒業と同時にNBAのドラフトによりロサンゼルスレーカーズに10位指名されNBA入りを果たし、213cm、130kgというその恵まれた体格に加えて身体能力も高く、ポストプレイのステップワークに加えて、ベビーフック気味で放つペイントエリア内のシュートも得意としていたため、レイカーズの伝説的プレイヤー、カリームアブドルジャバーの指導によりそのプレーはより洗練されたものとなり、2,3シーズン目には充分にNBAの中で華々しい活躍を見せるほどとなっていました。

 

 

これだけ見ると正直止められようがないんじゃないかと思うほどで、シュートレンジこそ広くないものの、パワー・スピード・テクニックを兼ね備えたポストプレーは、まさに教科書ともいえるほどです。

しかし、今後のNBAインサイドの中心プレイヤーになりうると思った矢先に3シーズン目の途中でバイナムは膝の靭帯を断裂し、長い休養とリハビリ後に復帰した翌年には逆足の膝の靭帯も断裂してしまいます。

はじめの怪我に比べて2度目は軽度だったため復帰は早かったものの、さすがに以前のプレーとは違い、2008-09シーズン、チームはファイナルへ出場しチャンピオンリングを獲得しましたが、そこにバイナムの本来の姿はありませんでした。

それでも持ち前のポストプレーは翌シーズンからも健在で、安定したスタッツを残してはいましたが、本来のインサイドプレーとは違った部分で悪い印象が出始め、レーカーズをトレードで出された後は泥沼のような状況に陥っていきます。

悪質なフラグランとファールや、セレクトの悪い3ポイントシュート、チーム練習での素行の悪さなどが伝えられていますが、ルーキーイヤーの19歳でいきなりシャックに喧嘩売ったプレイヤーですからね・・・

 

 

 

コービーはシャックを猛烈に止めにいっていますが、ダンクを決められた後も次のオフェンスに切り替えが早かったシャックに体当たりして喧嘩を売っているのは明らかにバイナムですね・・・若い頃にNBAのインサイドをオラジュワンやロビンソン、ユーイングらと競り合い、長岐に渡り支えてきたシャックが怒るのも無理はないでしょう。

また、悪質なフラグランとファールに関しても同様のプレーは何度か目にしたことがあり、1つ目の動画に映っているようなプレーが出来るプレイヤーとは考えにくい行動です。ワールドピースになだめられているのもなんだか・・・・・

動画にはありませんが、チーム練習の素行の悪さなどはゲームでのプレー以上にチームの調和を乱し、バスケットの世界最高レベルであるNBAではやはりどれだけいいプレーをしてもそそういった部分が抜けていては活躍は難しいですね。(それは日本の中学校・高校のクラブであってもおなじかもしれませんが。)

実際に昨シーズンは1シーズンの間にキャブス、ブルズ、ペイサーズと3チームを渡り歩いたことからもそういった問題の強い選手であることが分かります。

今季のオフで膝の治療に専念し来シーズンは全休養となるとも報道されているバイナムですが、それでも膝が完治すれば獲得に意欲を見せているチームもあるようなので、ケガの完治に加えて、メンタル的な部分も成長させ、もう一度NBAのコートで素晴らしいポストプレーを見たいものです。

 

 

 

twitter

2件のコメント

  • はじめまして。スカラブリ煮、と申します。

    シャックとの対決は非常に良かったと思います。少々やりすぎた部分もありましたが、依然としてNo.1センターだったシャック相手に強気で勝負する若僧っていうのは、コービーにとっても嬉しかったかもしれません。
    ただその他のやりたい放題なプレーとかファウルはスポーツマンとしての資質を疑いますよね。

    • basketball

      こんにちは。はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおりNBAの中ではあれほど気迫をみせてプレーしなければ、若手にとってアメリカ人であっても厳しいのかもしれませんね。
      ダンク決め返すまでは完璧でしたし。

      チームの調和を乱すプレイヤーは他にも耳にしたり、自分のスポーツ経験の中にも数多くいましたが、あの悪質なフラグラントファールはイマイチ理解できません。

コメントを残す