NBAのキングことレブロンジェームスがFAを宣言

 

2014ファイナルでスパーズに敗れ、惜しくも3ピートの夢を絶たれたヒートの絶対エース、レブロンジェームスがアーリーターミネーションオプションを利用しFA宣言をしたことで話題を呼んでいます。

プレイヤーオプション、チームオプションなどイマイチややこしいNBAのFAの仕組みですが、さらにアーリーターミネーションオプション・・・で結局どういうこと?!と思われる方も多いと思いますが、レブロンはまだヒートと2年間契約が残っていますが、4年間の契約満了時にその契約を破棄しFAを宣言できる権利のことを言います。

これらのオプションは全て初年度の契約時に決まり、今回のレブロンに関しては、チーム・選手双方のためこのオプションを契約時に付けたようです。

ヒートに入団し、最初の年にファイナルで負け、その後連覇し、スリーピートをかけた年にファイナルで完敗・・・この展開をあたかも予測していたような契約ですね。

 

 

最も気になるのはレブロンがFAを宣言した理由ですが、まだ明らかにはされておらず、金銭的な面、さらなる高みを目指して、リフレッシュのため、チームへの不満など憶測は飛び交っていますが、これらのことを考えるとまだヒートに残留するという可能性も残っていますが、その確率はとても低そうです。

そうなると同じような境遇にあるビック3のウェイド、ボッシュの動向も気になるところですが、レイアレンもレブロンとのプレーを希望し引退しないという表明を出した後だけに今後も目が離せない展開となりそうです。

しかしどこのチームに行くんですかね?!?!まだ決めていないとレブロンは公表しているようですが、NBAの全チームが欲しい選手といっても過言ではないのでレブロン争奪戦はプレーオフ同様に白熱必至です。

噂ではレイカーズでコービー、同じFAとなったカーメロとプレーするなんていう夢みたいな話も出ていますが、NBAのこれまたややこしいサラリー制度でさすがに実現は難しいかもしれませんね(笑)

 

 

少しそのサラリーにも触れますと、NBAでは決められた一定額のサラリー以内でチームをつくらなくてはいけないという決まりがあり、それを超えた場合は罰則金を払わなくてはいけません。そしてFAの選手を獲得する時はこの決められたサラリーを超えているチームは獲得できないため、現状多くのチームがサラリーキャップを超えているので、レブロンの移籍によりそのチーム間や他を巻き込んでとても大きな選手の移動がありそうです。

現在マイアミとの契約でさえ年俸20億を超えていて、さらに上がることは間違いないので、今後のレブロンだけでないそれに絡んだほかの選手の移籍からも目が離せませんね。

ジョーダンでも10億なんて程遠かったのに知らぬ間にNBAのサラリーも急激に上がっているのに驚いた管理人でした。

 

twitter

コメントを残す