NBA2018プレイオフハイライト

NBAドラフト2014、有能な選手の指名はレブロン獲得へも武器!?

ナンバーワン

 

いよいよ明日に迫ったNBA2014ドラフトですが、全体1位の指名件をもつクリーブランドキャバリアーズの動向に注目が集まります。

今回のドラフトで1位の指名権を持つキャブスと2位の指名権を持つミルウォーキーバックスが絞っている選手は両チームとも同じ選手で、デューク大のジャバリパーカーとカンザス大のアンドリューウィギンスの2選手だといわれています。

まさに今回のドラフトの目玉といえるプレイヤーです。どちらも大学1年生で早々にNBA入りを表明し活躍に期待したいところです。

もう一人の注目選手カンザス大のジョエルエンビードもセブンフッターとして2人とはまた違ったプレーで注目されていますが、直前の怪我により上位候補から外れたといわれています。

 

 

 

 

必ず上位指名選手が活躍できるわけではありませんが、2順目以降の選手が爆発的な活躍をみせることもまれなNBAなのでこの3人にはいまのNBAのトッププレイヤーを脅かすような存在、またそれ以上のプレイヤーになってほしいと強く願います。

さて、先日記事にも書いたFAを宣言したNBAのキングことレブロンの獲得にもドラフトは大きな武器となり、キャブス、バックスが指名すると報道されている2選手にはレブロンも注目していると言われていて、レブロン獲得の金銭面以外の大きなオプションになることは間違いありません。

特にキャブスはレブロンの古巣ということもあってよりその獲得に力を入れています。

レブロン移籍後のチーム成績は悲惨ともいえ、プレーオフにも一度も出れていないので、それを見ると必然とも言えます。

もちろん、レブロンだけでなく同じく今季FAを宣言したカーメロアンソニーもチャンピオンリングを獲得できるチームへの移籍を希望していて、その交渉において武器になることは間違いないでしょう。

明日の発表が非常に楽しみですが、またまとめられたら記事にしますので是非ご覧下さい。個人的にはスパーズにどんな選手が入ってどのように成長していくのか楽しみです。




2014-15シーズンオフ
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント